家計簿活用しましょう!

家計簿「え~めんどくさい」などと思うかもしれませんが、毎回ではなく最初は1週間ごとにつけてまとめて付けていくのもいいと思います。

普段字を書かない人は、家計簿をつけるついでに字を書くという作業がたまには気分転換にもなって、ふといい考えが思いつくこともあるかもしれません。

まずは、レシートを必ずもらう。レシートがない自販機などのジュースは、忘れずにメモ用紙に書いておく。ここから始めてみましょう!
そして、1週間決めた場所に集めておいて時間のあるときに、整理しましょう。
そうすると、月に4~5回の集計で済みます。
項目別だと後々自分も家族も何に使っているのかわかりやすくなりますよね。ただ、毎日マメにつけていても後で誰が見てもわかるようにしておかないと、いざという時困ることが出てくるかもしれません。
項目別にお金を分けておく、それかお財布自体を使い方によって分けておく、そういった方もいるようですが「そんなに細かくなんて面倒」とか「その作業自体が面倒」そんな方たちには、1週間全部まとめてこれだけと決めておくのはどうでしょうか?

使い過ぎない工夫は人それぞれです。お財布の紐が緩まないためには、どんなやり方が自分に合っているのかなど、各ご家庭で家計簿のつけ方は千差万別。市販の家計簿で同じものを使っていても中の使い方は、それぞれ違うようなので大学ノートを使ってみたりまずは形からという方は、市販の家計簿ノートを選んでつけてみるのも意欲が沸くかもしれませんね。

http://seri-o.hacca.jp/kakei6-yosan.html

美脚と毛抜き

夏前後、ムダ毛処理の頻度が上がる女性は多いと思います。
そこで皆様、ご自身の脚、美脚だと思いますか?
細いとか長いとかではなく、見た目が美しいかどうか、です。

せっかくムダ毛を処理したと思ったのに
毛穴が広がってくすんで、まるで毛が残っているように見えませんか?
或いはザラついていたりしませんか?
埋もれ毛がありませんか?
そしてそのことに悩んでいる方もいることでしょう。

そうなっている方は、ムダ毛の処理に毛抜きを使ってはいないでしょうか。
シェーバーは短く毛が残ってしまったり
カミソリは赤くなってしまうのが怖かったり、という理由で
毛抜きは、時間さえあれば一番キレイに処理が出来る方法として
利用している女性もいるはず。

しかし毛抜きは、ムダ毛処理において最も良くない方法です。

力任せに毛を抜くことにより毛穴が開き、開いたままになってしまったり
そこから雑菌が入ったり、肌の水分が飛んで行ってしまったり。
キレイに毛を抜いて処理したつもりでも、結果的に後々肌を汚くしてしまうのです。

良く毛抜きで毛を抜いているところと、抜いていないところを見比べてみて下さい。
違いは、一目瞭然ですね?

ではどうすればムダ毛をなくした上でキレイな肌を保つことが出来るのか?
おすすめなのはサロンや医療機関にて脱毛をしてしまうことです。

ちょっとそこまでは…という方は、ムダ毛処理を電気シェーバーに変えましょう。
そして処理後は、お風呂上がりにお顔に化粧水をするように
同じような手入れをしてあげて下さい。脚も肌ですからね。

ムダ毛処理は面倒な努力です。
そこに費やした時間が無駄にならないよう、ちょっと一手間加えて
キレイな脚を目指しましょう。

防犯ベルの活用

helppy2
傷ましい事件が多いですね。特に子供の事件が目についてホントにガッカリしますよね。

「暗くならないうちに帰る」なんて子供に言い聞かせても今では明るいうちから危ないなんて、注意の仕方も変わってきて以前よりも危険度が増し防犯意識が高まって来ているのではないでしょうか。

学校などでは、入学すると地域から当然のように防犯ベルが全生徒に手渡されますね。交通安全週間でも防犯ベルの広告など配布されたり、しかし住宅街などで警察の人の見回りなどあまり目にしませんよね。学校などから「こんな人が子供にいついつ接触して、なんかきかれたり写真を・・・」など連絡があってもパトロールしてる所を見かけることは、ほぼありません。運が悪いのかもしれませんが見てる人は見てる・・・。でもそれだけ確率が低いだけに子供に接触など襲う側にとっては、容易なのかもしれないなど怖い想像が出来てしまいますね。

子供に危機感を持たせるのは難しい・・・。それこそ疑似体験でもできない限り、しかしこの段階で心を汚してしまうのも気が引けるのでできないと感じます。人見知りな子ならそれなりに警戒心があるかもしれませんが、大声や防犯ベルを鳴らせるくらいの判断が出来るのでしょうか。人懐っこい子なら気を許して着いていってしまうかも・・・もし、防犯ベルに手がかかったとしても「その手を・・・」などと言われたり聞かれたりしたら、鳴らす前に止められてしまうかも、こんな想像は無限になってきますね。心配は尽きないものです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mediba.android.prayforjapan&hl=ja